2002年年末・年始

TOP


2002年年末・年始。再び阿嘉島へ。

久々の(夏以来)の阿嘉にわくわくしながら、29日機上の人となりました。

 

12月29日(土) 那覇     写真を撮ろうと思いつつ結局全く撮らず(^◇^;) 写真はなしです。

 考えてみれば、そのまま阿嘉へ行けばいいものをなぜか那覇で1泊。

 今回はホテル日航那覇グランドキャッスルに宿泊しました。

 高台に建つホテルのため見晴らしはいいですが、建物は結構古いですねぇ。

 玄関にタクシーで乗り付けても、ベルボーイの出迎えなし。

 自分で重い荷物を降ろすはめに。

 チェックイン後、部屋まで案内するとのことで待つが、一向にベルボーイが来ず。
 タバコ1本吸い終えた頃にようやくやってきました。

 まぁ、人件費抑制で人を減らしているものと思われますが、シティホテルとしては

 完全に失格ですね。客を待たせること程、客を怒らせることはないです。

 まぁ、特に大阪人の私は「イラチ」ですから(笑)

 部屋は17階。エグゼクティブツイン。部屋はまぁふつう。この階で窓が開くのは特筆もの。

 全開にはなりませんが、自然の風に当たれるのはいいですねぇ。あとはコメントする程でもなし(笑)

 

 夕食はタクシーで国際通り方面へ。タクシーの運転手さんに薦められたお店にゴー。

 「ちんぬく」 那覇市壷屋2−17−2 098−836−1041  特にマングローブ蟹と言っていた蟹と

 マグロの刺身は絶品。マグロの赤身って普通はほとんど食べませんが、ちょっと意識が変わりました。

 なんでも、久米島付近で獲ってきたとのこと。(猟師さんが言っていた)

 血抜きをして、水氷につけた帰ってくるらしい。で、1日くらい置くといい味になるそうです。

 冷凍マグロとはちょっと違う味に感激。 (ビンゴゲームで5000円勝ったし(笑))


12月30日(日)

 いよいよ阿嘉島へ。1便のクィーンざまみ。満席です。

 揺れもたいしたことなく、目覚めれば座間味が見えていました。
 しかし、朝からお腹の調子がぁ。。。。。食べすぎか? (あとあとまで引っ張ることに)

 

  初ダイブ        ポイント:サクバル中瀬    水温 22℃  最大水深 31.6m  透視度 20m以上

 

ミゾレウミウシ
ひらひらが可愛い奴です(^_^;)
ツバメウオ
以前は中層に多くいましたが、ロウニンアジが回遊しているため、
漁礁の中に入って出てきません。(水深35m付近)

12月31日(月) 晴れ 気温 22℃

 

  1本目        ポイント:ニシバマ    水温 22℃  最大水深 25.2m  透視度 20m以上

 ラッキーなことに、本日よりニシバマが3年5ヶ月ぶりにオープン。
 ただし、一度に潜れるのは2隻まで。また、座間味漁協の許可を得たショップのみとのこと。
 午前8時ごろ満潮のため、早朝に起きて7時30分出発(^_^;) で、やりました。ニシバマ1番乗り!

アザハタの根のアザハタ。(水深25m付近) 悠々と泳ぐ姿は感動的でもあります。すぐ砂が舞うのが難点。

ホワイトソックス(シロボシアカモエビ)

邪魔っす(^◇^;)

♪〜♪

 

  2本目        ポイント:サクバル中瀬

 朝からおかしかった体調が急激に悪化。日頃のおこないがこんなところで天罰となって(^_^;)
 という訳で2本目は船の番をしておりました(笑) 暖かい陽射しについ、ウトウトと。。。。。。

海の中のお花畑

イシガキリュウグウウミウシ (約15cmあります)

2001年最後のダイビングは体調不良で終わってしまいました(;_:)       


 

新年に続きます。

TOP