Home > 雑記

雑記 Archive

いつ、スタッドレスに履き替えようか??

君は滑ったらあかんやろ(笑)

Mt.Ontake – time lapse

毎度素晴らしい映像です。大画面で見てください。

暑そう・・・・

懐かしい・・・・

のりものポッドキャストの「夏祭りの花火とSL夜行列車」。
花火の音とSLのドラフト音が重なっていい感じです。どこか懐かしさを感じる映像です。久々にSLを見に行きたくなりました。

真夏日

この猛暑にはさすがにちょっと参ってきました。もはや日本列島は”熱帯”ですねぇ。
秋田では今まで獲れることがなかった、トビウオがいっぱい獲れるとからしいです。
先日は、ヒョウモンダコが北九州エリアで発見されたというニュースがありました。
地球温暖化でなんでも説明されたいますが、ほんとにそうなんでしょうか? 
地球温暖化以上にお隣の大陸での自然破壊や公害が大きな要因という気がします。

そろそろ夏休み。まだ何も決まっていません。とりあえず暑くて思考能力がありません(笑)

先日の多摩川河口での夕焼け。なかなか見応えがありました。






カメとマヨネーズ

メキシコ湾での原油流出被害は拡大の一歩を辿っているようです。
原油まみれのペリカンの写真は胸が痛みます。

メキシコと言えば、日本で生まれたアカウミガメは遠くメキシコまで行って成長し、また日本に産卵のために戻ってくることが知られています。
NHKの朝ドラ「ウェルかめ」でも言ってましたねぇ。
今のところ、カメの被害は分からないようですが、今後、原油ボールを食べたり、原油で汚染された海草を食べたりとどんな被害が起こるかは
全く分からないようです。既にカメをいれるための水槽も用意されているようです。原油にまみれた鳥を洗浄するのには、家庭用の台所洗剤が
使われています。P&GのJOYが有名ですね。
カメは洗剤ではなく、マヨネーズを使うらしいです。マヨネーズは主に油と卵でできているため、ウミガメに付着した油と結びつき何度か塗って
はぬぐうことを繰り返すうちにすっかりふき取ることができるそうです。

FOX5NEWS

余談ですけど、アメリカのアマゾンでは「キューピーマヨネーズ」が大人気です。コメントも5☆が並ぶ人気ぶり。ほかにも、ブルドッグソースやハウスの七味、きのこの山なんか
も人気があるようです。
向こうのマヨネーズ(瓶に入ったやつ)美味しくないですもんね。

海上保安庁観閲式

5月30日(日)海上保安庁の観閲式に行って来ました。「海守」で募集があったので応募しておいたら当選したのです。
当日は横浜港から大型巡視船「いず」に乗船。3500トンの大きな巡視船です。それでも甲板は人で溢れ、なんとか上部の
通路に場所を確保。羽田沖まで一時間の航海です。

観閲式はなかなか整然としており、かっこよかったですね。その後も訓練もなかなかの迫力。海猿の活躍も間近で見られて
よかったですね。
そういえば、女性客が多く「海猿」人気が伺えました。写真撮影会では引っ張りだこになっていましたよ。

この時期にしてはやたら寒くて閉口しましたが、また来年もチャンスがあれば行きたいですね。当たればですけど・・・・

懐かしいなぁ・・・

阪を離れて二十数年。大阪には毎月行くけどキタ周辺の様変わりには驚きます。
そのキタを微速度撮影と流行のティルトレンズで撮影した「梅田スカイビルから微速度撮影(作者:jusojinさん)」が面白い。
玩具のように動き回る船やクルマ、建設機械が面白い。梅田スカイビルというと、空中回廊?があるビルですかね?
キタは変わったけど、ここから見る景色は昔と余り変わっていないような。なんだか、懐かしさを感じる作品でした!

作者のjusojinさんの、「十三いま昔を歩こう」というBlogも面白いです。
東京で、十三をちゃんと読めた人は皆無だったなぁ・・・・・あぁ、ネギ焼きが食べたい(笑)

こっちは、「梅田歩道橋から微速度撮影。午前1時の梅田」

嘉手納ラプコン返還!

沖縄進入管制(嘉手納ラプコン)が、今月31日、日本に移管される事になったようです。
今までは米軍によって管制されていましたが、72年の日本沖縄返還以来実に40年弱ぶりに日本の管制になります。

これで、今までは嘉手納基地進入コースの関係で、、低空飛行を余儀なくされていた那覇空港発着の飛行機もスムーズな上昇が可能になるようです。高度300mでしばらく飛ぶのは、あまり気持ちの良いものではなかったので、ちょっと安心ですね!

嘉手納ラプコン:日本側に管制3月31日に移管(毎日新聞)

沖縄ケラマ海中物語

Itunes Storeで発売されているアプリ「沖縄ケラマ海中物語」。
水中写真家、道城征央氏の写真アルバムだ。主に阿嘉島周辺で撮影されているです。
水中写真は慶良間らしい光とサンゴの写真で始まるが、なんというかぞれほどときめかないのだ。
魚もとりたてて珍しいものはなく「あー、よく見るねー」で終わる。 
確かに慶良間ブルーの海。テーブルサンゴと慶良間らしいんだけど。でも、何故か北浜の写真はないな。
41枚という中途半端な枚数に、、地上も海もあれやこれや取組みすぎてもの足らないのだ。

慶良間初めて! という方にはお勧めするけど、慶良間フリークにはありきたりの写真にしか見えないような気がする。
115円というローコストなんで仕方ないのかもしれないけど、中途半端だなぁ・・・・・・

沖縄ケラマ海中物語

ホーム > 雑記

Search
Feeds
Meta

Return to page top